自動車保険について

  • 相場ってどれくらいなの?
  • 必ず入るべき保険はあるの?
  • どこまでしてくれるの?
  • 事故を起こしたことないから大丈夫?
  • 弁護士特約ってなに?

車を運転するなら、保険に入っておかないと・・・

でも、どれに入ればいいのかわからない・・・というかたは多いです。

相場の金額や入るべき保険、その補償の内容などを紹介します。

相場と最低限入るべき保険

車両保険についての大体の相場については『6万円~12万円』が大体の相場になっており、本当に最低限の保険しかつけていない場合、もしかしたらのことを考えて補償をつけている場合とでは値段が変わってきます。

最低限つけておくべき補償は

対人賠償

対物賠償

人身傷害保険

の3つになります。

  • 対人対物の補償は、事故を起こしてしまった時の金銭的な補償をしてくれるものになりますので、被害が出てしまった時に使用されます。万が一の時に使用される補償になりますが、交通事故を起こしてしまった時の被害の時を考えて無制限の補償にしていくことがベストです。

  • 人身傷害保険は、この保険も無制限もしくは上限いっぱいにしてください。
    この保険は『契約者とその家族』が契約の車やそれ以外の車に乗っているときや、歩行中の自動車事故で死傷した場合に、保険金が支払われる補償です。
    事故における加害者被害者関係なく実際の損額金額を実費で支払ってくれる保険
    また、自分の運転ミスで家族がケガした場合にも適応されます。

可能な限り入るべき保険

絶対に入るべき補償保険のほかに、可能な限り入るべき保険

搭乗者傷害保険 

車両保険 

自損事故保険 

無保険車傷害保険 

  • 搭乗者傷害保険は人身傷害保険と似た保険の内容で、
    対象が契約車両に乗っている全員が対象となるので家族以外の方にも適応されます。

  • 車両保険は絶対ではないですが入っていた方がいい種類の保険になります。
    補償の内容については、駐車していた自分の車に追突されていたりイタズラされていたり、盗難被害に遭ってしまった際に補償してくれるものになります。保険会社によって内容が違うので、ご契約の際にチェックしてください。

  • 自損事故保険については、自分の運転ミスによって自分以外にケガ人がいない場合に自分のケガ傷害)に対して補償されるものになります。運転自体に自信がなかったり普段あまり運転しない家族が運転される場合に入っていた方がいい保険内容になります。

  • 無保険車傷害保険について、この保険は『もしも』に備えた保険内容になります。
    内容としては、強制保険とされている自賠責保険ですが、みなさんは定期的に更新のためにお金を払っていることだと思います。この更新されていない方が極少数おられます。もし更新されておらず自賠責保険を使えない状態の人と交通事故を起こしてしまうと本来補償されるはずの補償を受けることが出来ず被害者側が泣き寝入りするような形が多いです。

    これを防ぐための補償が無保険車傷害保険です。

事故の時の『弁護士特約』とは

交通事故を起こしてしまった際に加害者被害者間でのトラブルが発生してしまった際に弁護士の方に依頼をすると20万円~30万円+獲得した損害賠償額の10~15%を報酬として支払う形になります。

しかし『弁護士特約』に入っていれば、これがかからなくなります。

そのため、万が一トラブルになってしまったらということを考えてつけられるのがいいでしょう。

弁護士特約を使うタイミングというのが費用に関する問題が生じたときになります。

 

交通事故に関する修理費用、ケガに関しての治療費の支払いについて、相手側からの支払いが無いなどの問題が発生したときに使用することが出来ます。

支払いについては、相手方の保険会社になりますが弁護士特約は自分の保険になります。

もしもの時や納得がいかないときに使うことが出来るため、余裕がある場合や心配な場合は契約すると安心です。

 

当整骨院は交通事故の治療を行っておりますので、身体についてや保険についてお困りのことがございましたらご連絡ください。