産後矯正

  • 出産後の恥骨や股関節の痛み
  • 出産後の骨盤の歪み、横径
  • 産前の洋服が入らない
  • 出産後に下腹が出てきた
  • 食事の制限をしても全然痩せない

上記のことなど、産後のことで悩まれている方はたくさんいらっしゃいます。

体型がなかなか産前の身体に戻らない理由は骨盤の広がりから、姿勢が崩れ、内臓が下がることによる代謝の低下にあります。

骨盤の広がりに対しての産後の骨盤矯正、姿勢からくる症状への筋肉の調整、整えた姿勢を維持するためのインナーマッスルの強化させる楽トレを行っています。

産後でお困りの方は当院にご相談ください。理想の状態を一緒につくりましょう。

産後骨盤矯正の重要性

骨盤は出産時、赤ちゃんが産道を通るために関節が大きく開き、不安定な状態になります。骨盤周囲の筋肉にも負担がかかり、筋肉の損傷もあり、骨盤を維持することも困難です。
骨盤は開いた状態から自然に元へ戻ろうとしますが、その際に元に戻りきれずに開いたままになったり、歪んだ状態のまま戻ってしまいます。
骨盤が開いたままだと内臓の位置が下がり、代謝が悪くなり、便秘や足の冷え、むくみ、脂肪燃焼しにくくなるため、体重が落ちにくいなど、太りやすい体になります。

産後3ヶ月以内の関節が柔らかいうちに骨盤矯正をすると、妊娠中の重心の変化や産後の歪んだ骨盤を整えやすく、妊娠前からある慢性的な骨盤のゆがみも治しやすくなります。
出産後は妊娠中や妊娠前にゆがんだ骨盤を整えるチャンスでもあります。

出産後は今までなかった症状が出ることがあり、産後で多い症状として骨盤の前傾がきつくなり、腰痛や肩こり、頭痛、膝の痛み、股関節の痛み、恥骨の痛み、手首の痛み、たくさんのホルモンが分泌されるため自律神経の症状なども出たりします。


産後でお悩みの方は当院にご相談ください。

産後骨盤矯正のベスト時期

産後骨盤矯正のベスト時期は2か月~6か月です。

帝王切開の場合は3か月からがベストです。

産後矯正する前に骨盤周囲とウエスト周囲の計測や日常生活のカウンセリングを行い、指導させていただきます。

お客様の悩みにあった治療プラン、計画をたてお客様と一緒に悩みを解決させていきます。

当院ではバキバキせずに痛みなく治療を受けていただけます。

産後骨盤矯正来院頻度、回数

産後骨盤矯正は一回の治療で元に戻すことはできません。
骨盤の状態によって個人差があり、骨盤の状態によって治療の回数は変わってくるが、16~24回の施術が必要になります。

出産後の体は骨盤だけではなく筋肉も痛んで固くなっています。
そのために出産後に骨盤を矯正しても、固くなった筋肉が骨盤を元の状態に戻すためにひっぱるため、骨盤が正しい位置には戻らず、時間の経過とともにゆがんだ状態のままになります。
筋肉に骨盤の正しい位置を記憶させることが重要です。 
特に最初の内が肝心なので、継続して骨盤を整えて行きましょう。