交通事故症状

  • 手足にしびれがある
  • 動かすことができるがぎこちない
  • 握力が極端に下がった
  • 頭痛が出る
  • イライラする

交通事故後に、上記のような症状が出たら、それは『むちうち症』によるもの

 

交通事故での衝撃は、すごく大きいので身体に対する衝撃も大きいものです。

特に、首の部分に対する衝撃は、身体の部分に比べ支えるものがないので、衝撃を受けやすく、一番首の部分にダメージが出てしまいます。

首にある筋肉が硬くなることによって、周りの神経や血管が締め付けられてしまいます。

その結果、頭痛や、手のシビレ、動かしにくい、という症状が出てしまいます。

こういった症状が、すぐに出れば、交通事故が原因と分かりやすいのですが、すぐに出ない場合があります。事故後すぐに症状が出ていないから、大丈夫と、思わず、しっかりと整形外科に受診し、診断を受けることが必要です。

レントゲンで何も問題がないと言われた

整形外科に受診し、レントゲンの結果、何も問題がないと言われたが、身体のいたるところが、事故後痛くなってきた。

このような場合、整形外科が悪いのではありません、そもそも、筋肉はレントゲンでは映らないものなのです。つまり、身体に痛みが出ている、+レントゲンに異常なしと言われた場合、筋肉が原因です。

筋肉が硬くなることで、周りの神経、血管を締め付けてしまう事により、頭痛や、シビレといった症状が出てしまいます。力が入れにくいことも、これが原因です。

なので、筋肉が硬い部分を和らげてあげることで、この症状は軽減していきます。

坂口鍼灸整骨院の交通事故の治療に関して

坂口鍼灸整骨院は、むち打ち治療協会認定院でもありますので、

交通事故後に出てきてしまっている身体の症状はもちろん、その後の身体のケアもさせていただいております。

症状に関しましても、お一人お一人に合わせたプランをご用意させていただきます。

一日も早く、交通事故前の様に身体を動かせるように、全力で施術させていただきます。

首・肩・腰・頭痛・自立神経の乱れでお悩みの方に初診限定60%off