ばね指・腱鞘炎

  • 指の曲げ伸ばしに違和感がある。
  • 指を動かすのが痛い。
  • スマホを操作すると指が痛む。
  • パソコン作業すると指が痛む。
  • 妊娠・出産してから指がこわばる。

ばね指とは、手を使うことが多い方なら、

誰しもがなってしまう恐れのある指の障害です。

「指が痛い」

「指がしびれる」

「指がこわばる」

といった症状に、日常的に悩まされている人

皆さんの周りにいませんか?

近年はスマホの普及により、親指の使い過ぎが原因のばね指が増えています。

 

ばね指ってなに?

皆さんの指を動かす筋肉は(腱)は腱鞘という鞘(トンネル)の中を通っているのですが、通常は摩擦がなく、指をスムーズに動かすことができます。

しかし、この部分に何らかの炎症が起こっていると、腱鞘の動きが悪くなってしまい、

摩擦が起こります、その時に痛みとして感じることになります。

このとき指の曲げ伸ばしがスムーズに行えず、急に指が伸びるばね現象がみられるため、

手指で起こる腱鞘炎を一般的に『ばね指』と言います。

『ばね指』の一番の原因は、手指の使い過ぎによるものです。

パソコンなど指をよく使う仕事やスポーツ・手芸(編み物、裁縫など)など

趣味を持つ人などに多いです。

また妊娠中や出産後のホルモンバランスの変化、

加齢による筋力の低下・骨粗しょう症、糖尿病、人工透析など

身体が構造的に弱くなる時期や病気の場合には、

『腱鞘』や『腱』が傷つきやすい症状が出やすくなります。

 

姫路坂口鍼灸整骨院・整体院 花田院『ばね指』の治療について

当院に来られる『ばね指』の患者様に多くみられる共通点として…

「慢性的な肩こりがある」

「姿勢が悪い(猫背姿勢)」

「筋肉の柔軟性が低い(筋肉がガチガチ)」

「手の力みを抜くことができない」

などで、筋肉が硬い、また負担がかかっている状態で、手指を酷使している方に

多いように感じます。手指の使い過ぎがそもそもの原因となっているので、

指を使わないで安静にしておくことが大切です。

しかし、『ばね指』になってしまった方は指を使う生活をされていますので

指を使わずに安静にしておくというのは難しいのが現状です。

 

姫路坂口鍼灸整骨院・整体院 花田院では、まず症状の原因である前腕から手指にかけての

過剰な筋肉の緊張状態を緩和させる目的でマッサージ、鍼灸、ハイボルトなどの症状に合わせた最善の治療法を提案させていただきます。

 

根本的に『ばね指』を治したい方は、手指のリラックスをするために

『肩こり・首こり』『不良姿勢』の改善が必要です。

『肩こり・首こり』『不良姿勢』は手指にかけての過剰な筋肉の緊張を引き起こす大きな要因になります。

関係ないように思われるかもしれませんが、根本的に『ばね指』を治したい方は、是非取り組んでいく必要があります。

「指が痛い」「指が動かしずらい」などの初期症状では軽く見てしまいがちですが、重症化すると日常生活にも支障が出てきます。

生活習慣に密接に関係している手指ですので、同じように生活していて良くすることはできません。

何も対処せずにほっておいて治ることを期待するのは難しいでしょう。

重症化してしまえば手術に至る方もいます。早い段階で治療を行うことができれば

『ばね指』は改善します。

 

是非、お早めに姫路坂口鍼灸整骨院・整体院 花田院にお気軽にご相談ください。

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています

 

当院でのばね指の治療の流れ

1.受付

姫路坂口鍼灸整骨院・整体院 花田院の受付風景

問診票のご記入をしていただきます。お電話でお悩みの内容とご予約をしていただくと非常にスムーズです。

2.問診

姫路坂口鍼灸整骨院・整体院 花田院のカウンセリング風景

問診票を元にカウンセリングを行います。特に、慢性痛でお悩みの方は原因が深い場合があるので特に入念な検査をする場合があります。

3.検査

姫路坂口鍼灸整骨院・整体院 花田院の検査風景

検査の後に、お悩みの原因と最適な施術プランをご提案いたします。疑問などがありましたら遠慮なくお伝えください。

4.施術

姫路坂口鍼灸整骨院・整体院 花田院の施術風景

内容や、プランにご納得がいただけたらいよいよ施術開始です。リラックスしてくつろぐようなイメージで施術を受けてください。

5.説明

姫路坂口鍼灸整骨院・整体院 花田院の説明風景

施術後に状態の変化を確認していただきます。おおよその治療期間や改善までの期間やプラン、セルフケアの方法などをお伝えします。

6.お大事に

姫路坂口鍼灸整骨院・整体院 花田院のスタッフ写真

次回のご予約とお会計で、本⽇の治療は終了です。
気を付けてお帰り下さい。
お⼤事に!

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています