鍼灸

  • 冷えを感じる(手先、足先)むくむ
  • 頭痛やめまいを感じる
  • 体のだるさやほてりを良く感じる
  • 同じ姿勢が続くと痛み、重痛感がある
  • 便秘や胃腸の不調

鍼灸は身体に鍼やお灸を用いて適切な場所やつぼに刺激を与えることで神経を介してや筋肉、血流の状態が良くなることにより体質の改善、健康増進を可能とします。

鍼灸の適応症状は多くあり、ほとんどの抱えている不調に対してアプローチを行えます。

 

自律神経の乱れから起こる体の冷え

冷えは自律神経の乱れ、筋力が少ない 血流の循環が悪い

とおきます。

冬場に手先や足先が冷たくなるのはよくあることです。ところが外気温によって、手先、足先を冷やされる程度ではなく、手と足の先端がかなり温まりにくく、慢性的に冷えている冬になると何枚も靴下を履くような感覚や状態があるときに、冷え症と呼びます。

夏なのに身体が冷えている、あるいは体が冷たいと感じることもそうです。身体の中から冷えているため、少し身体を動かしたり、厚着をしたくらいでは、なかなか温まらないのです。

 

冷え症は、本来身体で働くべき体温調節機能がうまく機能していない状態であり、主な原因として、次のようなことが考えられています。

 

自律神経の乱れ

 

ストレスや不規則な生活などにより、体温調節の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。そうなると血流の流れや体を温める機能や冷やす機能が上手く働かずに冷えてきます。また、常に室内の空調が効いていると、室内外の温度差が激しくなるとしだいに体温の調節機能がおいつかなくなり、自律神経の機能が乱れます。こうして、夏や暖かい場所にいてもでも冷え症になるのです。

 

皮膚感覚の乱れ

 

きつい下着や靴などで身体を締めつけたりすると血行が滞るとだんだん冷えてきます。そして、「寒い」と感じる皮膚感覚が麻痺することがあります。そのため体温調節の指令が伝わりにくくなり体に冷えを感じてきます。

 

血液循環の悪化

 

貧血、低血圧や血管系などの疾患がある人は、血流が滞りがちになります。

また、そもそも血液量が少ないと冷えますので1日2リットルを目安に水分の補給を行いましょう。

※カフェインが含まれていないものが好ましいです。

 

筋肉の量が少ない

 

女性は男性に比べて筋肉が少ないため、筋肉運動による産熱や血流量が少ないことも、女性に冷え症が多い原因の一つと考えられています。また、女性だけではなく、筋肉自体が硬くなっており、筋肉のポンプ作用が上手くいかない

筋肉の硬縮により血管を圧迫し循環を悪くしている事や運動不足により人も総じて筋肉量が少ないため、冷えやすくなります。

 

女性ホルモンの乱れ

 

ストレスが多かったり、更年期になったりすると、食生活の乱れがあると女性の心身をコントロールする女性ホルモンの分泌が乱れ、血行の悪化などが起こることがあり、冷えにつながります。

当院でどのような鍼灸治療ができるのか

当院では、鍼は滅菌された使い捨てのもの(ディスポーザブル鍼)を使用しています。

 

鍼は髪の毛ほどの細さのもの、髪の毛よりも細いものを使用していますので、注射のような鋭い痛みはほとんどないので、安心して受けてもらえます。

 

お灸は、ツボの場所に据えるせんねん灸(アロマの香りつきのものもあります!)や、舛の形をした箱の中にモグサや炭を入れて火をつける箱灸があります。

 

箱灸

痛みの違いによって人それぞれですが、目安として施術の初めは週二回、そこから経過をみながら(だいたい1,2か月)週一回、二週に一回と間隔を開けていきます。

持病のある方(特に糖尿病)、服用している薬のある方は、注意が必要なため、問診票にチェック項目を設けていますので、ご記入ください。

 

また、妊婦(もしくは妊娠の可能性がある)の方は鍼を行えない場合があります。

 

詳しくはお問い合わせ下さい。

 

冷え症や内臓の不調などは骨盤や姿勢の歪みからくることが多いため、鍼灸とMPF療法をセットで受けるとより効果的です!骨格、筋肉、神経に対して施術をすることで根本的な原因の改善が見込めます。

そのため、坂口鍼灸整骨院グループでは鍼灸施術の場合でも全身のチェックを行います。

鍼灸は痛みをとるのにも効果的

鍼灸は自律神経の乱れを整えるのみだけでなく

痛み・痺れを抑える、筋肉の緊張状態を緩和させることや、

血流の循環をよくすることも得意です!

なかなか取れない痛みや神経痛になやまれている方は是非鍼灸を受けてください!