五十肩・四十肩

  • 腕が痛くてあがらない
  • 上のものが取れない 
  • 肩が動かしにくくなっている
  • 痛みが肩を温めると楽になる
  • 肩こりが以前からあった

五十肩・四十肩は一般的な言われる言い方で、正式には「肩関節周囲炎」といいます。症状としては突然肩にすごい痛みが出たり、肩が動かしにくくなり無理に動かそうとすると痛みが出てきたりしてきます。一般的には痛みが出ても数日で治まったりしますがそもそも炎症が起きている状態なためまた痛みが出てくる可能性が非常に高いためすぐ治まると思いそのままにしておくと動かしにくくなり着替えなど日常動作に支障が出てきます。

五十肩・四十肩とは

原因はまず加齢により肩関節に関係する筋肉や腱、軟骨靭帯などの変性が40代~50代に多いため起きてくる症状になります。また関節の動きを良くする肩峰下滑液包や間接を包む関節包が癒着することで運動が更に悪くなってしまうこともあります。そしてもう一つ原因があります。それが姿勢の歪みになります。特に猫背姿勢になってしまうことで肩が内側(巻き肩)に入ってきます。その状態だと肩周りの負担が大きくなり運動や肩を動かすことが多いようなことを続けることによって負荷が大きくなり炎症が起きてくることが考えられます。また、そのままにしておくと可動域の低下により運動制限がかかってしまい髪の毛を洗うのができなくなったり、手を後ろに回すことができなくなったりと日常で普通にできていたことがだんだんやりずらくなったり出来なくなってきます。

当院はどのようにして五十肩・四十肩に対してアプローチを行うか

坂口鍼灸整骨院・整体院での五十肩・四十肩に対してはMPF療法(深層筋調整)や楽トレ(インナーマッスルトレーニング)、鍼灸を中心とした施術を行っていきます。

「鍼灸」でまず痛みを取り除いていきます。鍼灸の特徴としては髪の毛ほどの細さの鍼を刺すことで自己治癒力を上げていきます。自己治癒力が上がることで炎症や筋肉の硬さを取ることができます。

「MPF療法」は根本原因である深層筋にアプローチをすることができる特別な施術で姿勢の歪み、猫背など悪い状態になってしまうと肩の負担が大きくなる状態を改善していきます。姿勢が改善すると可動域が広がり、肩にかかる負担も軽減するため痛みも治まってきます。

そして同時に「楽トレ」を行っていき姿勢、骨盤を支えるインナーマッスルを鍛えていきます。インナーマッスルを鍛えることで良くなった姿勢を安定させることができるため、症状が改善してから再発を予防して痛みが出ない身体を作っていきます。

施術だけでなく自宅や仕事の合間でもできる簡単なセルフケアやトレーニングもお伝えしていき痛みを早期に取り除き再発しない身体を一緒に作っていきます。

五十肩・四十肩は誰にでも起こりうるもので多くの方が悩まれていますが施術を受けられて改善している患者様が多いので是非一度ご体験ください。