胸郭出口症候群

寝違え

  • 上のものを取ろうとすると肩・腕に痛みやしびれが出る
  • 髪を洗う動作やつり革を持つ動作で症状が出る
  • なで肩である
  • 常に腕や指先に違和感がある
  • 手に力が入らなくなってきた

胸郭出口症候群は総称で神経が圧迫される部位によって斜角筋症候群、肋鎖症候群、過外転症候群(小胸筋症候群)と名前が変わります。

場所は前の首の鎖骨の付け根当たりからなります。

特に女性のなで肩の人に多く見られます。

首から出てくる神経(腕神経叢)が斜角筋という筋肉の間、鎖骨と肋骨の間、小胸筋のいずれかで圧迫を受けるために症状として出てきます。

特になで肩は圧迫を受けやすいためです。そして痛み・しびれだけでなくひどくなると力が入らなくなったりと筋力低下も起きてくるので日常生活にも支障が出てきます。

胸郭出口症候群とは

胸郭出口症候群の原因としては

神経が圧迫を受けているからですが

そもそも圧迫を受けやすい姿勢(特に猫背)になっていることが多いためです。

猫背になることで首の前の筋肉や胸の筋肉の緊張が強く結果圧迫を受けている

ケースが多いです。症状としては痛みやしびれだけでなく

血管も同時に圧迫されるため血行が悪くなり指先の冷えも出てきます。

胸郭出口症候群に対してどのような治療を行うのか

胸郭出口症候群

姫路坂口鍼灸整骨院 花田院では胸郭出口症候群に対しての施術は

痛み・しびれを取り除くだけでなく

根本原因をしっかりと改善し再発予防まで目指して施術していきます。

内容はMPF療法(深層筋調整)や楽トレ(インナーマッスルトレーニング)、

しびれが強い場合はハイボルトまたは鍼灸施術を行い症状の強さに合わせて最善の施術をさせていただきます。

まずMPF療法によって神経が圧迫を受けやすい姿勢・骨盤の状態を整えるために深層筋の硬縮を取り除き負担を軽減させられる状態を作っていきます。

そして楽トレ(インナーマッスルトレーニング)を行っていきます。インナーマッスルは姿勢・骨盤の支える重要な筋肉であり圧迫しやすい状態の姿勢にならず日常生活や仕事時などにいい状態を作れるようにしていくことで痛みやしびれが取れ再発しない身体にも同時に作っていきます。

また痛みやしびれなどが強い場合には鍼灸施術やハイボルト療法でまず痛み・しびれている状態を軽減させていきます。鍼灸は髪の毛ほどの細い鍼を用いて筋肉や神経にアプローチしていき痛みしびれを取っていきます。鍼が刺さっても痛みなどはほぼ感じないので安心して受けていただくことができます。

ハイボルト療法は特別な治療器を用いて田院となっている筋肉、神経にアプローチをしていきます。即効性が非常に高いものでもあります。

こういった施術に加えて自宅や仕事の合間に簡単にできるストレッチやエクササイズもお伝えしていき院に来ていただき施術するだけでなく少しでも早くお体が良くなるようにサポートしていきますので一緒に症状を改善して再び同じ症状で悩まない身体を作っていきます。