交通事故【物損事故について】

  • 交通事故により単独での事故
  • 車や物が傷ついたり壊れた
  • 対人での事故でケガや痛みの出ていない状態
  • 保険についての不安がある
  • どこまで補償してくれるのかわからない

物損事故 人身事故  の違い

物損事故は、交通事故の時に単独で自分や車や物の損傷の場合によるもの

人身事故は、

交通事故の時に対人かつ被害者側もしくは両方に痛みなど症状が出ている場合に

よるものに分かれます。

物損事故だとどうなるのか

物損事故の場合は、

人的な被害が自分以外には出ておらず強制保険自賠責保険)の対象とはなりません。車や物の修理に関しては任意の保険を使うことになりますので、契約の内容によっては

次年度の保険の金額が上がることもあるみたいです。

交通事故を起こしてしまった時には免許のことが気になりますが、物損事故の場合点数の加算はありません。

物損事故で請求できるもの

交通事故を起こしてしまい、身体に影響は出ていないものの相手がいる場合は

人身事故ではなく物損事故として処理されますが、この場合は被害者自身や被害者の保険から請求するのではなく加害者側に請求をかけることが出来ます。

請求できるものについて、

車両の修理費用 交通事故に遭ってしまった際の損傷部分最低限の修理費を請求することが出来ます。

代車費用 事故に遭い車がつかえなくなってしまった場合の費用の請求

車両の評価損 事故に遭ってしまうと車は事故車として評価されてしまうため車自体の市場価格が下がってしまいます。これを『評価損』といい請求を加害者側に請求できますが支払いに応じてくれないことがほとんどです。

休車損 タクシーやバスといった車が破損した場合本来だったら入っていたであろう収入についての損害を請求できる。稼働状況、収入、代替車両の有無などの事情を考慮して算定されます。

レッカー代 車が自走できなくなってしまいレッカー車の必要がある場合にかかる費用を請求できます。

家屋や設備の損害 物損事故で家屋や設備が破損した場合は、修理のために相当な修理費用の請求が可能です。また、店舗などに事故の影響が出てしまい営業ができない場合には、その修理費用と休業した分の相当分が請求されます。

積み荷やそのほかの損害 トラックなどに積まれていた荷物などが破損した場合や、車両内にあったスマートフォンやパソコン、身に着けていた衣服や眼鏡などの携行品が破損していた場合の修理額、修理が出来ないものに関しては事故当時の評価額を請求できる場合がありますが、これも車両の評価損の時同様に支払われないこともあります。

 

※補償される内容は事故の状況によって変わります。

物損事故が起きてしまった場合の被害者の対応!!

事故に遭ってしまった時には動揺してしまうことは仕方ありませんが

落ち着いて対応できるようにしましょう。

1,安全を確保して警察に連絡

 車を交通の妨げにならないところに寄せる、またはそれが出来ない場合には発煙筒などで危険を知らせる。安全が確保出来次第警察への連絡を行い状況の説明を行う。

2,相手方の連絡先を聞く

 運転免許症などの裏表の写真を撮らせてもらう、示談交渉などの時に役にたちます。

3,保険会社への連絡

 自身の任意の保険会社への連絡を行うようにしてください。

明らかに自分が加害者でなくても、損害が出ていれば自分側の過失割合が低くても補償しないといけない為事故後早い段階での連絡を行うことが必要です。