手足が冷えるのはなぜ??

2018年09月21日

こんにちは、姫路坂口鍼灸整骨院・花田院です

最近は朝晩がだいぶ過ごしやすくなり

寒くさえ感じる季節になってきました。

 

さて、これからの季節気になってくるのは手足の冷え

ですよね!!

じゃあなぜそのような、体の冷えは生まれてくるのでしょうか??

そのメカニズムを見てみましょう。

 

手足が冷えてくる原因は何??

考えられる原因が3つあります。

○体で熱を作ることができていないこと

 体で熱を作れていないと

 胃や腸の働きが落ちてきて、しっかりと消化できなかったり

 吸収できないということが起こってくるため

 熱を作り出せないのです。

 また、そもそも心因性のストレスなど食欲がないと

 食べ物が体に入ってこないため、熱が作り出せません。

 

○熱がうまく届かない

 体の熱は血液を介して全身を巡っています。

 しかし、筋肉に硬さが生じてしまうと

 筋肉の中を走っている血管が圧迫されてしまいうまく熱を伝達できません。

 また、自律神経のバランスが乱れてしまうと

 血流が滞り、これも熱がしっかりと伝達されなくなってしまいます。

 

○体内の熱が逃げやすい

 水の代謝が悪い人は体の中に水を溜めこんでしまうので

 体の中で熱を産生してもすぐに冷えやすくなってしまいます。

 

冷えから起こる症状とは

冷えによって起こる症状は人それぞれです。

指先の冷え、足先の冷えなど色んなところで冷えを感じていますが

これがひどくなってくると

イライラしたり、集中力の低下、不眠、倦怠感、肩こり、頭痛、食欲の低下

と様々な症状につながってしまいます。

 

冷えの対策方法

○カフェインを含む飲み物は避ける

 カフェイン自体に体を冷やす作用があるため

 ホットコーヒーといえど飲みすぎると体の冷えを助長させてしまいます。

 

○お風呂でお湯につかる

 これは冷えた体を温めることができるうえに

 硬くなってしまった筋肉を緩めることができます。

 そうする事によって、筋肉が硬くなってしまって起こる

 血流の悪さが改善され、指先足先の冷えが改善されていきます。

 

このような対策をしてもなかなか冷えが改善されない場合は

心因性ストレスなどによる、自律神経の乱れが原因になっている可能性があるため

一度、鍼を受けてみることをおすすめします!

気になる方はぜひ当院にご連絡ください!!

 

姫路坂口整骨鍼灸院 花田院

 

むちうち・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

 

身体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

 

等でお困りでしたらご相談ください。

 

〒671-0251

姫路市花田町上原田189-1

花田フレッツガーデン ラムー敷地内

TEL 079-280-5558

アクセス・料金表

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています

O脚 なんでなるの??

2018年09月15日

こんにちは、姫路坂口鍼灸整骨院・花田院です。

今回は、女性の方が気になるO脚についてです!!

 

今、O脚になってしまっている人は

「小さいころから開いているし、仕方ない…」

と諦めている人が多いです。

 

でも!

できるなら、膝が開かずキレイに脚を閉じて

キレイに立ちたいですよね!?

 

では、いったいO脚になってしまう原因はどこにあるのでしょうか。

そこから探っていきましょう!

 

なぜ、O脚になってしまうのか

どうして膝が開いてO脚になってしまうのでしょうか?

原因は2つあります。

1つは骨盤です。

骨盤には股関節があり、足のつけ根で大腿骨(太ももの骨)が

はまっている所なのですが

骨盤が後傾(後ろに傾く)の人は

股関節の関節窩(骨がはまるところ)が

外開きになってしまうため、O脚になってしまうのです。

 

もう1つの原因が中殿筋にあります。

中殿筋とは、臀部(お尻)の横にある筋肉で

この筋肉は身体が左右にぶれないように

横から支えてくれています。

ここが弱っていたり硬くなってしまって

上手く使えなくなってしまうと

足がだんだんと開いていきます。

 

この2つが原因で足が開いていき

O脚になってしまうのです。

 

どうしたらO脚は治るの?

原因は分かったけれど、

では、どのようにすればО脚は治るのか

なんですけれど

根本的に骨盤のゆがみを改善していく必要があります。

表面的な筋肉の硬さをとっても

骨盤がゆがんでいる限り、筋肉の硬さはまた出てきてしまいます。

 

骨盤のゆがみを治すには

インナーマッスルを治療する必要があります。

インナーマッスルは体の深いところにある筋肉で

体を支える役割を担っています。

そして、このインナーマッスルが硬縮といって固く縮んでしまっていたり

もしくは、そもそもインナーマッスルの筋力が弱いという可能性があります。

 

当院の治療では、そのインナーマッスルの治療に

MPF療法と特殊なインナートレーニングの機械を用いて

インナーマッスルの硬縮や弱さといったところを

改善していきます。

 

当院の治療に少しでも興味を持っていただけたなら

ぜひ、お電話ください!!

 

 

姫路坂口整骨鍼灸院 花田院

 

むちうち・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

 

身体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

 

等でお困りでしたらご相談ください。

 

〒671-0251

姫路市花田町上原田189-1

花田フレッツガーデン ラムー敷地内

TEL 079-280-5558

アクセス・料金表

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています

シビレの原因が首に!?(交通事故)

2018年09月7日

こんにちは、姫路でむちうち・交通事故治療をしている

姫路坂口鍼灸整骨院・花田院です。

最近は、夜になると少し涼しい季節になってきましたね。

少しずつ日が落ちるのも早くなり、交通事故も増えてくるので

気を付けてくださいね!!

 

さて、今回は交通事故で痺れが出てしまう原因に関して

お話ししていこうと思います。

 

腕のシビレは首から?!

交通事故にあってしまった後、よく出る症状として痺れがあります。

手の痺れや腕の痺れなど腕の方に出てくるのですが

実はこれは腕に問題があるのではなく

首に問題があります!

「えっ!?腕じゃなかったの?」ということなんですが

そうなんです!

 

交通事故では、急ブレーキをする際や衝突の際に体への負担は

非常に大きいものです。

そして特に衝撃が大きくかかってしまうのが

首の筋肉です。

これは、頭が重いことに原因があります。

身体はシートベルトで座椅子にしっかり固定されているのですが

頭は固定されていないので前に引っ張られてしまいます。

この時に首の筋肉が一気に引き伸ばされてしまうので

首を痛めてしまうのです。

 

ここから、本題に戻りますね!

神経というのは脳から出て、脳に帰っていきます。

「あたりまえでしょ」って思うのですが、

ここがポイントになってまして

腕の神経も脳からつながっているので、上にたどっていくと

首を経由しています。

なので、首の筋肉がきつく張ってしまうと

神経を強く圧迫してしまうので腕の方にも痺れを

出してしまいます。

 

どういった治療をするの??

当院では、ハイボルトという機械を使って治療していきます。

ハイボルトの特徴としてはまず痺れの原因唱える筋肉をしっかりと

判断することができます。

そして、そこの筋肉を緩めることで痺れの原因を取り除いていきます。

 

姫路坂口鍼灸整骨院は交通事故施術専門院です。

当院では、むちうち・交通事故を専門として治療をしております。

万が一、事故にあってしまわれた場合は

当院にご相談ください!!

※相談は無料です。

 

姫路坂口整骨鍼灸院 花田院

 

むちうち・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

 

身体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

 

等でお困りでしたらご相談ください。

 

〒671-0251

姫路市花田町上原田189-1

花田フレッツガーデン ラムー敷地内

TEL 079-280-5558

アクセス・料金表

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています

 

ルーズショルダーとは、、(肩の痛み)

2018年08月27日

こんにちは、姫路坂口鍼灸整骨院・花田院です。

みなさんは、「ルーズショルダー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか??

今回はルーズショルダーについて詳しく話していきたいと思います!!

 

ルーズショルダーって何?

まず、ルーズショルダーとは何かというところですよね。

ルーズショルダーとはその名の通りゆるくなってしまった肩の関節のことです。

肩の関節がゆるくなってしまうとどのような事が起こってしまうのかというと

症状としては

・肩関節運動時の違和感、痛み、疼き。

・肩関節運動時の方が抜けてしまいそうになる感覚がある。

・腕にしびれ感が出ることがある。

などです。

 

ルーズショルダーの見分け方

自分がルーズショルダーなのか気になりませんか??

この見分け方はとても簡単です。

何か重いもの持ち上げるときに肩が抜けそうになったり

肩の関節の所に隙間がみられたら

それはルーズショルダーです。

 

なぜルーズショルダーになってしまうのか

ルーズショルダーは先天性(生まれもってあるもの)と後天性(生まれてからの生活で起こってしまうもの)のふたつがあります。

・先天性

先天性のものは、肩関節の柔らかすぎることです。

肩関節周りの筋、靭帯が少し伸びてしまっていると

しっかりと腕の骨が肩の関節にはまっていない状態になってしまい

肩の関節が不安定になります。

これにより、ルーズショルダーになってしまいます。

 

・後天性

後天性のものは、肩のオーバーユース(使い過ぎ)によって起こってきます。

よくあるのはやはりスポーツですね。

中でも野球など肩を大きく動かし、投球動作があるものは

肩の筋肉が遠心力によって引き伸ばされてしまい

肩の周りを支えきれずに関節のはまりがゆるくなってしまいます。

 

ルーズショルダーの治療

当院でのルーズショルダーの治療は

肩周りを支えているインナーマッスルを鍛えられる

「楽トレ」という機械を用いて行います。

この機械は普段は意識して鍛えることができない

インナーマッスルに特殊な周波の電気を当てることにより

刺激し、効率よくインナーマッスルを鍛えることができます!!

 

よって、肩のインナーマッスルを鍛えることにより

肩の関節のはまりがしっかりして、安定することにより

ルーズショルダーを治していきます。

 

肩の関節がゆるく、違和感がある方は

ぜひ当院へお越しください!!

 

姫路坂口整骨鍼灸院 花田院

 

むちうち・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

 

身体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

 

等でお困りでしたらご相談ください。

 

〒671-0251

姫路市花田町上原田189-1

花田フレッツガーデン ラムー敷地内

TEL 079-280-5558

アクセス・料金表

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています