梅雨の時期には交通事故に気をつけて・もし、むちうちになったら

2018年07月15日

こんにちは、姫路坂口鍼灸整骨院・花田院です。

今日は、梅雨の時期の交通事故について

またそれにより引き起こされるむちうちについて

お話をしようと思います。

梅雨の時期の運転には気を付けて!!

交通事故の発生する時期として一番多いのは11月~12月です。

これは、お正月が近づいているため物流の往来が激しくなり

交通量がグッと上がってしまう事が要因です。

他にも、3月、10月など季節の変わり目や行楽シーズンなどは

事故が増えてくるのですが

さらに事故が多発するのが6月、7月の梅雨の時期なのです!

では、なぜ大型連休もないこの時期に事故が多発してしまうのでしょうか?

やはりこれは、梅雨の長雨が原因によるものです。

雨が原因で薄暗かったり、雨によりワイパーを使ったりと視界が悪くなり

さらに雨音によっても車内・車外の音の遮断が起こってしまうので

事故が多発してしまうのです。

 

交通事故に遭ったら気を付けて!!

交通事故に遭ってしまった後、

出てくる症状として一番多いのはむちうちです。

よくこの「むちうち」って言葉をよく聞くと思うのですが

このむちうち、果たして皆さんはどのくらい知っていますか??

むちうちの原因・症状について

なぜ、そもそも交通事故の時にむちうちが起こりやすいのでしょうか??

それは、まず人間の頭は重いからです!

人間の頭部は身体の約10%と言われており

50kgの人で5kg ということは・・・

なんと、ボーリングの玉を常に首から支えている状態なのです!

 

そんな状態で急ブレーキをした時を考えてください!

身体はシートベルトで固定されています

頭は固定されていないため前に飛び出します。

するとそこを繋いでいる首はすごい勢いで

引き伸ばされてしまいますよね!

 

このように首を損傷してしまうのむちうちです。

 

では、どのような症状があるの??

ということなんですが。

まずむちうちは3つのタイプがあります。

〇頸椎捻挫型

むちうちの7~8割を占める最も多いタイプです。

首の筋肉、靭帯が原因で起こってくるもので

症状としては痛みやこり、肩の動く範囲が小さくなる

というものです。

 

〇神経根損傷型

こちらは、首にある骨が神経を押さえつけてしまうことが原因で

おこるもので

症状としては筋力の低下や痛み、しびれなど

神経に関連したものが出てきます。

 

〇バレー・リュー型

こちらは交感神経という神経を押さえつけられることが原因となって

おこるもので

症状としては全身に出ることがあるのが特徴で

  頭痛やめまい、耳鳴り、難聴

などの症状が出ます。

 

かなり様々な症状がありますね、、、

ではもし、交通事故にあってしまったらどこに行けばいいのでしょうか??

まずは、整形外科に受診して、必ず医師の診断を受けてください!

さらに、交通事故にあったこと今の自分の状況を伝えましょう!!

 

もし、事故直後医師の診断を受けずに家に帰ったり、そのまま会社に戻ってしまうと

その後の治療費損害賠償金の請求に支障をきたす可能性があるんです。

またまれに、保険会社によっては通院する病院を指定してくることもありますが、必ずしもその病院に通わなければならない義務はありません。

 

みなさん、なかなかご存じないんですが

整骨院でも治療はできるんですよ!

よく「治療が電気を当てたりやシップを出されるだけで良くなったのか分からない、、、」

っていう言葉を聞きますよね。

そういう方はぜひ、整骨院にご来院ください。

 

当院では交通事故・むちうち治療の専門として

交通事故の治療もしていますので困っている方は

ぜひご連絡ください!!

 

姫路坂口整骨鍼灸院 花田院

 

むちうち・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

 

身体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

 

等でお困りでしたらご相談ください。

〒671-0251

姫路市花田町上原田189-1

花田フレッツガーデン マクドナルド横

交通事故に遭ってしまったら

2018年06月23日

こんにちわ、姫路坂口鍼灸整骨院・整体院花田院です。

今回は、交通事故に遭ってしまった時、どうすればいいのか、紹介させていただきます。

交通事故に遭ってしまったら、精神的にも身体的にもしんどい状態になってしまいます。

こんな時には、周りとのコミュニケーションをとる事が何よりも大事なことになってきます。

1,警察 2,病院や治療院 3,損保会社 4,勤務している会社

と、コミュニケーションをとる事で、治療していく時間の確保だったり

とると、とらないとでは出来ることがすごく変わってきます。

 

交通事故にあって、被害者になってしまったら、まずは警察に通報して下さい。

警察官立ち会いのもと『供述調書』が作成されます。この供述調書がないと、後々、不利になってしまう可能性があるので、注意して下さい。

次に、ケガをしてしまって病院や治療院に通う場合

先生に今の身体の状況を、遠慮せず伝えてください。しっかり伝えなけれな治療の妨げになってしまいますし、身体の痛みは残ったままになってしまいます。

しっかり、伝えてください。

次は、損保会社に連絡です。

損害賠償などの法律的な問題が発生するので、ここでもしっかりコミュニケーションをとって下さい。交通事故で多い、むちうち症などは、通常すぐに症状が出るのではなく、何日間かたってから、症状が出てくるケースが多いですので、むち打ち症などケガであることを伝えてなければ、仮病だと思われてしまう可能性があります。

もし、会社の周りの方がむち打ち症の事を理解してくれない時、家族だけは理解してくれる!

と、考えがちですが、むしろ逆の方が多いと思ってください、これまで、当たり前のように行っていた掃除や洗濯、食器洗いなどの家事は、首を動かすことが多いので苦痛を感じるようになってきます。ケガをしてすぐは、手伝ってくれていても、痛みが長引いてしまうと家族の対応は少しずつ冷たくなってしまう事があります(´;ω;`)

頭痛やめまいなどの症状が出たりすると、イライラしてしまったりするので、家族にはしっかりと今の身体の状態を伝えて理解してもらいましょう。

そして

自分自身がどうような状態なのかを理解し、悲観的に物事を考えず、良い事があれば素直に喜んでいけるようにしていきましょう。

 

姫路坂口鍼灸整骨院・整体院花田院では、

交通事故の治療が出来ますので、お困りの方は是非ご相談にのらせていただきたいです。