ストレートネックってなに?

2018年12月25日

みなさん、こんにちわ、こんばんわ

姫路坂口鍼灸整骨院・花田院です。

 

今回は、ストレートネックについて書いていこうと思います。

本来、頚椎と言われる首の部分には、レントゲンなどの画像で

30〜40度の彎曲があり衝撃を首が彎曲する事により、逃しています。

さらに、外から見たときには、

肩峰(けんぽう)といわれる肩の先と耳の穴、大転子(だいてんし)といわれる足の付け根、外踝(そとくるぶし)が一直線に並ぶのが、一番綺麗とされて、身体にかかる負担としても、一番少ない姿勢とされているのですが、

ストレートネックの方は、頭の部分が、肩の先の肩峰よりも前に出てしまっているので、肩周りに負担がすごくかかってきてしまうのです。

この為、首や肩がしんどくなりやすいのです。

症状としては慢性的な首の痛み、肩こり、症状がひどくなってしまうと、首の神経を痛めてしまい、頭痛・片頭痛、手足のシビレ、更には目眩などを引き起こしたりしてしまいます。

これは、筋肉によって神経が締め付けられて起こる症状なので、薬だけでは治りません。

 

なぜ、ストレートネックになってしまうのか

それは、パソコンやスマートフォンの普及により、長時間うつむいた姿勢で、パソコンやスマートフォンを操作する為で、デスクワークはストレートネックの大きな要因と言えます。姿勢が悪くないような人でも、同じ姿勢のまま1時間以上続けることはよくありません。

また、寝る時の姿勢なども枕の高さなどあっていない場合ストレートネックになってしまったりしてきます。

日常的に姿勢が悪く猫背だったり、顎を引いた姿勢が続くことによっても起こります。

簡単に判別する方法としては、その場で、上を向いて見ましょう。

これができない場合は、疑いありといえます。

どうすれば改善できるのか

まず、ストレートネックは治ります。

ですが、長年かけて形成されたものになりますので、簡単には戻りません。

当院、姫路坂口鍼灸整骨院・花田院では、筋肉が緊張して硬くなってしまっている部分を取りながら、姿勢骨格の矯正をしていくことにより、首の部分にかかる負担を取っていきます。

元々の原因は、姿勢が崩れてしまっているところから、首の部分に負担がかかってきてしまっているものになりますので、姿勢をしっかりと正しい状態にすることができれば、ストレートネックは治ります。

 

首の痛み、肩の痛み、手足のシビレ、ストレートネックでお困りの方は

ぜひ、姫路坂口鍼灸整骨院・花田院にお越しください。

 

ぜひこちらも↓↓

姫路坂口鍼灸整骨院 エキテン

※この記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充夫が監修しております