鍼ってどんなもの??~意外とすごい鍼の治療~

2018年07月7日

鍼灸

こんにちは、姫路坂口鍼灸整骨院です!

今回は鍼がどんな症状に効くのか??ということについて

お話ししようと思います。

そもそも鍼ってなに?痛くない?

みなさん、テレビとかネットなどで芸能人の方が美容のために鍼をしたりしていて

なんとなく見たこと、聞いたことはあるんじゃないかと思います。

しかし、どんなものかはっきりわからない・・・

しかも鍼に関しては身体に刺すと聞くと痛そう、怖いって思いますよね。

では、ここから皆さんを鍼の世界にお話ししたいと思います!!

 

まず、先ほどあったについてですね

やっぱり最初に気になるのは、痛みの部分ですよね。

いきなりですが、、、

実は、鍼は痛くないんです!

嘘だ~って思いますよね、でも本当に痛くないんです。

なぜかといいますと

鍼っていうと縫い針や注射針っていうものを想像されるかと思うのですが

鍼灸で使用する鍼は、髪の毛ほどの太さしかありません!!

なので、痛みを感じないんですね。

そして、現在

鍼はステンレスでできていて、さらに使い捨てなので

衛生面でも安心・安全なものになっています!

鍼ってどんなものに効くの??

痛くない事や安全なのは分っていただけたとは思いますが

じゃあ鍼は何に効くのかっていうのが気になりますよね??

 

鍼が得意とするのは、まず不定愁訴です。

「朝起きてからなんか体がだるい

「理由はないけどイライラする」

「なんか、疲れた感じが取れない

みなさん、こんな経験はございませんか?

これがいわゆる不定愁訴というものです。

しかし、これらの症状で病院に行くということは少ないかと思います。

また、病院を受診されたとしても身体には問題がない

と言われることもしばしば、、、

 

しかし、鍼ではこれを治すことができるのです!!

鍼と東洋医学

というのは東洋医学に属しており

お医者さんによる外科的な治療は西洋医学というものに属しております。

こちらの違いについて知ってもらおうと思います。

例えば、不定愁訴の中には肩こりや頭痛も含まれます

西洋医学でこの不定愁訴に対する治療は難しいとされています。

西洋医学では

薬を処方して痛みは一時的に和らげることはできます。

しかし、あくまでそれは、対処療法であり

不調の根本的な解決にはなっていません。

 

一方で、東洋医学では症状そのものだけを診るのではなく

なぜそのような症状が出ているのかというところから考えていきます。

不調体質や日常スタイルやストレスの状態など

様々な原因が絡んで起こります。

なので根本的な部分を治療することで

いま出てきている症状の改善だけでなく

その症状が再び出ないように予防的ケアをできるのが

西洋医学との違いですね!!

 

このように、身体が本来持っている機能が正常に働けるよう

鍼でアプローチすることによって

肩こり、頭痛、めまい、イライラなどの不定愁訴の改善だけでなく

予防につなげていく事も可能です。

 

他にも筋肉に対してアプローチする事が可能です。

例えば、筋肉が硬くなったりしてる状態っていうのは

東洋医学的に言うと経絡という流れにが流れており

そのがつまったりすると筋肉が硬くなったり、コリとして

身体に出てきます。

そういったのつまりを鍼で刺激して

経絡の気のつまりを取り除き、気の流れを作ってあげると

筋肉の硬さやコリというのが自然に取れてきます。

すごく不思議じゃないですか!?

こういった風に鍼というのは結構万能

とても奥が深い面白いものなんです!!!

 

鍼に興味がある方不定愁訴をお持ちの方

当院にご連絡ください!!

 

姫路坂口整骨鍼灸院 花田院

 

むちうち・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

 

身体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

 

等でお困りでしたらご相談ください。

〒671-0251

姫路市花田町上原田189-1

花田フレッツガーデン マクドナルド横