夏に冷え症!?最近増えてます!

2019年06月26日

こんにちは、姫路坂口鍼灸整骨院・花田院です。

皆さんは夏に手先・足先が冷えてくることってありませんか??

 

実は夏場であっても冷え症ってあるんです!

実際に当院の患者様でも夏なのに冷え症で困っている方は

いらっしゃるんですよ!?

 

ここで夏場の冷え症はいったいどんなものなのか見ていきましょう。

夏の冷え症

「こんな暑い夏に冷え症??」って思いますよね。

しかし、日本の夏には案外体を冷やしてしまう原因がたくさんあります。

 

例えば、典型的な例だと

【デスクワークをされているOLさん】

彼女たちはたまに立ってコピー機に行ったり

資料を手渡したりする以外は座って仕事をします。

そして、室内はキンキンに冷えています。

こんな状態になると

〇足はエアコンで冷えてしまい、筋肉自体も硬くなってしまいます。

〇また、ふくらはぎは第二の心臓と言われており

 ふくらはぎの筋肉を使うことでポンプの働きをして

 足の血液が心臓に帰り、循環しています。

 しかし、座りっぱなしになると

 この筋肉は働かなくなってしまうため、足先に血液が溜まり

 むくみ・冷え性につながってしまうのです!

 

このような状態だと、さらに筋肉は冷えて固まり

血流が悪くなります。

血流が悪くなると筋肉が冷えるので

余計に血流が悪くなるという悪循環がおこってしまいます。

 

冷え症をが出ないようにするためにも

対策をしっかりとすることが大切です!

 

夏場冷え性対策

対策としては

〇まず、自分の体が冷えすぎないこと!

特に室温の低いオフィスやお店の中など

冷えやすい環境下に行く場合は

普段から上に羽織るものを一枚持っておきましょう。

 

 

〇寝てるときに冷えないように心がける!

夏の夜は蒸し暑くて寝苦しいですが

こういう時はどうしてもエアコンをつけて

ヒンヤリした中で眠りたくなりますよね。

 

しかし、エアコンが効いた部屋で寝ていると

体はどんどん冷えてしまいます。

たとえ布団をかぶっていたとしても

 

首や肩などは露出しているため身体は冷えてしまいます。

もし、エアコンをつけて寝る場合は

首に一枚薄いタオルやスカーフを巻いたり

インナーのシャツを長袖にして

寝るようにすると冷え対策ができます。

 

また、腹巻などをするとよいでしょう。

腹巻はお腹を冷やさないだけでなく

腰もしっかりと冷やさないようにしてくれるため

腰痛の予防にもなります!!

 

どうしても、ダルさが取れない

いつもこの時期になると疲れやすいこのような症状の場合は

体質的に元から疲れやすい状態であり、

その原因は夏バテだけではない可能性があります。

そういった場合はぜひ当院にお越しください!

今のお体の状態をはっきりとお伝えさせていただき

今後どうすれば変わっていくのかをお伝えしながら

根本から改善していきます。