【明石、西二見】 肩こりがひどい方必見!

2019年10月14日

こんにちは、明石坂口鍼灸整骨院です。
今回は肩こりについてお話していきます!

皆さんは、しつこい肩こりに悩まされたことはないですか??
実はその肩こり姿勢からきているかもしれません!

普段仕事や家事をしている時に
姿勢を気にしているでしょうか?
前かがみで何かを行なっていたり
はたまた、デスクワークをしている時にパソコンに顔を近づけすぎたりしていませんか?

肩こりはそういった日々の生活の姿勢から
症状が出てきます。

姿勢によってどんな体の負荷が体にかかるのか?
例えば皆さんはスマートフォンやゲームをしている際などは
猫背になっていませんか?
人間の首は少し前に傾くだけでも首に負担がかかってしまいます。

成人の人間の頭の重さは約4~5キロといわれています。
ただでさえ、このボーリング玉のような重さの頭を支えている状態で
さらに首が傾くと首への負担は大きくなってしまいます。

では、頸が傾くとどれくらい負荷がかかるのでしょうか??

0度  4~5㎏
15度  12㎏
30度  18㎏
45度  22㎏
60度  27㎏!?
首が前に60度傾くと、首の後ろに子供を乗っけてるのと同じような状態で生活していることになります。
さらに負荷は首だけにとどまらず、背中や肩にも負担をかけてしまいます。
そんな状態では肩がこらないはずはないです…
姿勢というのはそれだけ大事なのです!

猫背によって集中力が下がる?
猫背は集中力低下にもかかわっています。
人間は姿勢が悪いとそれだけで、普段使わなくてよい筋力を使い
体に負荷をかけています。
そして、その負荷は体にストレスを与え続けます。
それと同時に様々な神経が圧迫されて、脳への血の流れが悪化し
働きが落ちてしまいます。
すると集中力の低下がおこります。
また、頭痛や目の疲れといった症状も出てきます。

逆にいい姿勢を意識できるようになると
内側に巻いていた肩が開き、胸を張ることができるようになるため
酸素がしっかりと吸えるので
より深い呼吸ができるようになり
脳に酸素が周り、集中力の向上や姿勢によってかかる体の負荷を減らし
肩こりや腰痛、頭痛や疲れ目のない状態にすることができます。

この姿勢の違いによっても学力に変化が出るという
研究結果もあることから
姿勢を正すことは、体の健康だけにとどまらず
お子さんの学力にもかかわってきます。

また正しい姿勢によってうまく体が使えるということは
それだけ負荷がかからずに運動ができるため
スポーツパフォーマンスの向上やケガをしにくい体づくりにもつながってくるのです。

自分の姿勢が気になる方はぜひ、当院にご来院ください!!