頚椎ヘルニア

肩こり、首こり肩、首の痛み

  • 頚や肩、腕や手に痛みや痺れがある
  • 手先がうまく使えなくなってきた
  • 耳鳴りがある
  • 握力がなくなってきた
  • よくふらつくようになった

よく腰でヘルニアと聞くことが有ると思いますが、腰だけでなく頚にもヘルニアが起こる場合があります。
今回は頚のヘルニアについてご紹介していきたいと思います。

頚椎ヘルニアとは?

頚椎には、頸髄と呼ばれる神経組織が通っています。
このおかげで脳から手や肩に送られる信号を伝えています。
その核頚椎の間に椎間板と呼ばれる組織があり、上下を支えるクッションのような役割を担っています。
この椎間板が破れて神経線維が飛び出し圧迫されるのが頚椎ヘルニアです。
原因として、老化による機能の低下や普段から頚に圧力や負担がかかっている状態が続くと椎間板が破れて神経線維が圧迫を受けて痛みや痺れが出てきます。

頚椎ヘルニアになると…

頚椎ヘルニアというものには様々な症状があります。
全身的にあるのですがこれらは神経の障害によって起こってくるものです。
頚や肩の部分でいうと、頸椎後方にある椎間関節の動きが低下したり変形が起こったり、頸のから背中、さらには胸の前に痛みや凝り、だるさ、違和感などが生じたりします。
また、頸から肩・上腕に痛みがあり、頸を後に倒すと頸や腕に痺れや激痛が走ることもあります。
顔面に表れるものとして、眼精疲労や目の奧が痛くなったり、充血しやすくなります。
頸部脊髄が圧迫を受けると下半身及び上半身に神経障害が出てきたるします。
足がつっぱる、歩行障害、排尿障害、尿失禁、手の痺れる、筋力が落ちる、筋萎縮、手先足先の痛みなど、複雑な症状が出てきます。

当院の施術

当院では、頚椎に負担をかけるような姿勢の改善を行なうことによって症状の軽減に努めていきます!
椎間板に過度の負担をかけないためには、常にきれいな、安定した姿勢を保つことが大切です。
理想的な姿勢は、背筋をしっかり伸ばし、あごを引く状態。座っている時や動いているときも、背筋がおかしな角度に曲がらないような状態です。
しかし、普段からずっとこの理想的な姿勢というのは続けるのが難しいと思います。
それはインナーマッスルが弱ってしまっているのが原因です。
このインナーマッスルというのは姿勢を支えてくれている筋肉ですが
意識して使えない筋肉なので、鍛えるのがとても難しいものとなっています。
しかし当院ではそのインナーマッスルを機械で鍛えていくものがあり
最初にその機械を使って検査をすることでインナーマッスルの強さを計ることもできます!

頸椎ヘルニアの症状をみてほしい、
一度自分のインナーマッスルの強さを確認したいなど
気になる方はお気軽にご相談ください!!