踵の痛み

  • 歩いていると踵が痛くなる
  • 寝起きで踵が痛い
  • 最近体重が急激に増加した
  • 痛みが出たら歩けない
  • 最近靴を変えた

こんにちは、明石坂口鍼灸整骨院です!
今回は、踵の痛みについてお話していきます。

皆さんは踵の痛みに悩まされたことはありますか??
踵の痛みはいろいろな原因によって引き起こされるのですが
どのような原因があるのでしょうか??

症状と原因

症状
よく皆さんが訴える症状として多いのが踵周辺の痛みなのですが
それだけでなく、土踏まずが痛かったり、痺れるような痛みが出る方もいらっしゃいます。

原因
では、この踵の痛みはどのような原因があるのでしょうか??
①体重のかけ方
本来、人間は足の裏を地面につくとき、踵7:踵以外(指や足の側面など)3で
バランスを取っています。この比重が崩れると大きく負荷がかかり痛みが出ます。

②急激な体重の増加
体は日々自分の状態に合わせて変化していくものです。
しかし、急激に体が重たくなるとその速度に間に合わず
筋肉や腱を痛めてしまうのです。

⓷合わない靴を履いている
最近ではどこを歩いても舗装されている道ばかりです。
なので、土に比べ足の裏にかかる衝撃が大きくなります。
その状態で会わない靴を履いて仕事に行くともちろん
踵周りの筋肉は炎症を起こし、痛くなってしまいます。

⓸立ち仕事をしている
立ち仕事をしていると常に足底に負荷がかかるために足底筋膜という足のアーチを
作っているところに負荷をかけてしまうためその痛みが踵に出てしまいます。

まだ、いろいろありますがこのような原因があるのです。

診断と治療

診断
踵の痛みを出す疾患としては
一番有名で多いのが「足底筋膜炎」です。
その他にも足底筋膜断裂、足根管症候群、踵骨疲労骨折、踵骨嚢胞、軟部組織腫瘍etc…
など様々です。
まずは、レントゲンによる検査をすることになるでしょう。

治療
一番可能性の高い足底筋膜炎の場合は
一般的に行なわれる治療法として
まず、理学療法によるストレッチやインソールで痛みをコントロールします。

それでも変化が見られない場合は
薬物療法や体外衝撃波治療などが選択されます。

当院での施術

当院で施術を行なう場合は、足底に負担をかけてしまう原因であるところを改善していきます
具体的に言うと、それは姿勢であり、骨盤の状態です。
これが、例えば骨盤が前に傾いてしまうと腰を反ることにより
重心が後ろに傾きます。すると後ろにどんどん体重がかかっていき
余計に足底対する負荷がかかっていきます。
なのでしっかりと骨盤を安定させ、体をブレなくすることにより
体を自分で保持できるように持っていきます!
どのように姿勢を変えていくのかはその人によって変わってくるので
なかなか治らない踵の痛みがある方はぜひ当院にご来院ください。