膝痛

  • 膝の曲げに伸ばしに違和感がある
  • 膝が痛くて外に出たくない
  • 長距離を歩くと何度も休憩しなければしんどい
  • 階段の昇り降りがキツイ
  • 坂道を歩くと痛い

膝痛は4人に1人が抱えているとされる国民病です。

特に高齢者になりますと、約63%の方が膝痛をかかえています。

この国民病である、膝痛について

この膝の痛みはどこから来ているのか?

また、どういった症状が出るのか?

どういった治療をしていくのか?

といったところの話をしていきます。

膝痛の原因

膝の痛みの約8割は「変形性膝関節症」であるといわれております。

「変形性膝関節症」とはその名の通り膝が変形してしまい、痛みを出すもので

残りの2割はスポーツや仕事の作業などで一時的に使い過ぎてしまって起こる炎症などです。

変形の原因はよくいわれているO脚などで膝の軟骨がすり減ってしまうことです。

また、症状としてその骨が削れてしまった骨の破片で炎症を起こし、水がたまったり神経が刺激され痛みが出たりします。

膝痛の症状

最初は膝のこわばり、動き始めの痛みから始まり

次第に立ち上がり時の痛みが出る、階段の昇り降りで、膝の曲げ伸ばしがしずらくなります。

さらに、症状が悪化すると

膝の変形が外から見ても分かるようになります。

また、水が溜まる事、より一層膝が腫れてきます。

最も症状ひどいケースでは、歩行や立ち上がる動作が出来なくなり

寝たきりになってしまうケースもあります。

膝痛の治療

当院では、ハイボルトという機械を使用し痛みのもとを見つけるとともに

ハイボルトは除痛効果もありますので膝の痛みをしっかりと取っていきます。

また、原因はインナーマッスルにあり、そちらの硬さを取り

弱っている所を強化することで、姿勢、骨盤の歪みを治して

根本的な痛みの原因を取り除いていきます。

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています