腸脛靭帯炎

  • 膝の外側に痛みが出る
  • 太ももの外にハリ感を感じる
  • マラソンなどの長距離を走る競技うをしている
  • 股関節にも痛みを感じる
  • O脚である

皆さんは”腸脛靭帯炎”をご存知でしょうか?
よくランナーズニーといわれています。
もしかすると、マラソンなどをされる方は一度聞いたことがあるかもしれませんね!

今回はこの腸脛靭帯炎について書いてい

腸脛靭帯炎の症状・原因

症状は、膝の外側やお尻、ひどくなると股関節の辺にまで痛みが出てくるようになります。
初期症状としては軽い痛みだけなのですがひどくなってくると常に痛みを感じて
痛みだけでなくスポーツもままならない状態になってしまいます。

原因は、舗装されている路面で過度なランニングをすることや
合わない靴をはいてのランニング、O脚になっていることが原因とされます。

診断と治療

腸脛靭帯炎の診断は、グラスピングテストというテストを行ないます。
グラスピングテストは、膝の少し外側で、腸脛靭帯を圧迫しながら
膝を徐々に伸ばしていきます、その時に疼痛が誘発されれば
グラスピングテスト陽性ということで
腸脛靭帯炎の可能性が上がります。
他には、問診や触診での状態確認で
腸脛靭帯炎と診断されます。

治療に関しては
まず安静にします。安静にしても痛みがひかない場合は
薬物療法や理学療法を行ないます。
またコンデイションを整えるためにランニングの環境を変えたり、靴を
変えることで変わってくる方もいらっしゃいます。

当院での施術

当院で施術を行なっていく場合は
まずは痛みを取るための治療を行うため
鍼灸またはハイボルトという電気の機械を用いて施術を行ないます。
どちらも痛みを早くとるのが得意な施術です。
鍼灸は緊張して硬くなっている筋肉を緩めるとともに
白血球の遊走性を上げ、結果痛めている場所を早く治してくれる作用があります。

ハイボルトは高圧電流を用いて、狙った筋肉に電気を流すことで
除痛の効果があります。また、狙った筋肉に電気を流すことができるため
痛めてしまっている筋肉の特定もしっかりと行なうことができます

痛みに困っていたり、慢性的な痛みが気になる方はぜひ当院にご相談ください!!