腰椎分離症

腰痛

  • 腰に慢性的な痛みがある
  • 10~15歳の間に過度な運動をしたことがある
  • 下半身にしびれ、痛みがある
  • ジャンプ競技をよくする(バレーボール等)
  • ひねり動作が多いスポーツをよくする

みなさんは腰痛分離症を知っていますか??
腰椎分離症とは、読んで字のごとく腰椎(腰の真ん中の骨、背骨)が分離してしまうことを指します。
この症状が一番出やすい時期は、中学生ごろです。
というのも中学生ぐらいの体は柔らかく、ジャンプや腰の回旋を行なうことで腰椎の後ろの部分に亀裂が入って起こります。
スポーツで何度も腰を反らしたり、回旋させたりすることでおこります。
腰椎分離症を起こすのは全体の約5%ほどですが、スポーツをしている人で見ると
全体の30~40%を占めています。
そして、そのままほっておくと腰椎分離すべり症になってしまいます。

症状と原因

症状
腰椎分離症の方は基本的に腰痛が出るのが一般的だが
その他にお尻周りや太ももに痛みが出ることがある。
先程あった悪化すると腰椎分離すべり症に移行すると
痺れが出てくるようになります。

原因は基本的に骨が未発達な成長期に
過度の負荷が腰にかかるようなスポーツをすることにより
腰椎に亀裂が走り、腰椎分離症になってしまいます。

診断と治療

【診断】
一般的な腰椎分離症の診断はレントゲンで行ないます。
(MRIではうまく発見できないことがある。)

【治療】
基本的に腰椎分離症だけでは大きな症状は現れません。
しかし、先ほどもあった通りそのまま無理に体を使いすぎると
すべり症を併発してしまうので
予防をすることが大切になってきます。
良く行われるものでいえば、筋肉の強化です(腹筋や背筋)
また、重たいものを持つときは膝を使う、前屈位での作業は長時間行わない、など

また、神経を圧迫してしまうような重度のものだと手術を行い、神経の圧迫を解いてあげるようにします。

当院での施術

腰椎分離症になる原因は、腰への負担が原因になるのですが
基本的に腰に負担がかかるのは腰を反ってしまうことが
原因に挙げられます。
そしてなぜ腰を反ってしまうのかというと骨盤が前傾(前に傾く)することが原因です。
骨盤が前傾すると、その上にある腰椎は姿勢を支えるために反り返り腰が反った状態になるのです。
なので、腰の筋肉を緩めるだけでは骨盤の前傾は戻らないため
当院では骨盤を支えているインナーマッスルにアプローチしていきます。

どんなアプローチをするかというと
インナーマッスルの強化を行なっていきます。
そうすることにより、骨盤の前傾が改善され
腰の反りがなくなるため
分離症がひどくなる可能性がなくなり、パフォーマンスの向上にもつながります。