脊柱管狭窄症

  • 腰が痛くてたまらない
  • 足に痺れや違和感がある
  • 姿勢が悪い
  • 腰に負担のかかる仕事をしている
  • 30~40代である

脊柱管狭窄症とは、背骨にある脊柱管と言われる脊髄神経が通るトンネルが、椎間板と言われる背骨と背骨の間にあるクッションの変形や背骨自体の変形により圧迫されることで痛みやシビレを引き起こす症状のことで、特に腰に多くみられます。

また『間欠性跛行』と言われる症状が特徴的で、何もしていない時は全く痛みやシビレは出ないものの、背筋を伸ばして歩いているとすぐに痛みやシビレが出現してしまい、背中を丸めて休憩すると症状は軽減するといったもの。

 

脊柱管狭窄症の原因

主な原因として脊柱管を取り囲む組織が退行性変性、いわゆる老化がほとんどです。

脊柱管の後ろに黄色靭帯と呼ばれるものがあります。

そこが老化やホルモンバランスの乱れによってもろくなり分厚くなっていくことによって症状を引き起こされるものや、姿勢や骨盤の歪みによって日引き起こされるものもあります。

 

脊柱管狭窄症になると…

脊柱管狭窄症は進行すると下肢の筋力低下が起こり、背筋を伸ばして立っているだけで痛みが出現してしまうようになったり、また痛みや痺れだけでなく排尿障害を引き起こしたりします。

当院での施錠

当院では、脊柱管狭窄症に対してのアプローチとしてインナーマッスルの強化を行ないます。
インナーマッスルを自分で鍛えようとすると中々難しいのですが
当院ではインナーマッスルを機械で鍛えることができます。
また、運動が苦手な方でも安心してください!
気になる方はぜひご連絡下さい!!