外反母趾

  • 親指がくの字に変形している
  • 足の裏が痛い
  • 足の裏にまめがよくできるようになった
  • 親指の付け根が腫れている
  • ハイヒールを履くことが多い

皆さんは外反母趾を知っていますか?
外反母趾とは足の親指が小指側にくの字に折れてしまう症状です。

女性がよくなる症状ですが、外反母趾になるとどうなるのでしょうか??
その部分について、詳しく話していきます。

症状と原因

症状
外反母趾の症状はまず、足の変形から始まります。
先程あった通り、親指がくの字に曲がり始めると
親指の付け根が靴とこすれるため、炎症を起こします(これを皮下滑液包炎またはバニオンという)この炎症により、痛みや発赤、腫れがでてきます。

他にも足のアーチがなくなり、さらにここから足が疲れやすくなります。

原因
女性はハイヒールを履いている人に多いです。ハイヒールを履くと荷重は狭くとがった
細い先のつま先にかかってしまい、親指と小指は足の内側に向いてしまうのです。
また最近では、靴を履く文化により裸足で歩くことが少なくなっているのも
外反母趾を多く作り出してしまっている原因の1つです。

他にも、病的に起こることもあり、関節リウマチの合併症としてもあらわれます。

診断と治療

診断
外反母趾の診断はHV角(足の付け根からつま先の角度)が20度以上内側に向くと外反母趾と診断されます。

治療
症状がまだ軽い状態の時はゴムチューブを使って、親指を矯正したり
インソールによる足の負担の軽減を行ないます。
ひどくなってくると最終的に手術療法が選択されます。

当院での施術

当院で施術する場合は、軽度の外反母趾の場合は
その足に負担をかけている姿勢を変えるような施術をおこなったり
痛みが激しい場合は、ハイボルトという高圧電流を用いた機械で
狙った筋肉にアプローチすることで痛みの改善を行ないます!

気になる方はぜひご連絡ください!!