交通事故による膝の痛み

  • 事故後に膝が痛む
  • 歩きづらい
  • 動きが悪い
  • 打撲の跡がある
  • 保険が使えるのか

交通事故の衝撃でダッシュボードにぶつかり、半月板や靱帯損傷が生じて足や膝関節を痛めてしまいお悩みの方は多くいらっしゃいます。

放置していると痛みが長期にわたって続くことも考えられますので、違和感を感じられている方はすぐに医療機関に行き受診しましょう。

もちろん、当整骨院でも施術は可能です!

お気軽にご相談ください!

 

膝の痛みの原因は?

事故後、膝に痛みが生じてしまうのは先ほどお伝えしたように、

ぶつかった衝撃による半月板や靭帯損傷、打撲によるものです。

軽度の場合は、痛みもそこまで強くなく歩行もできるため日常生活に支障がないと放置されやすいのですが、知らず知らずのうちに痛めた足をかばってしまい反対の足を痛めたり、痛みがひどくなってくるというパターンも多いため注意が必要です。

 

重度の場合、激しい痛みや歩行時の違和感(骨がずれるような感じ)があり膝の可動域が制限されてしまいます。

放置していると、痛みの悪化や長期化の恐れがあるので早めの施術が肝心です。

気を付けるべきポイント

①必ず病院整形外科に行く

膝のみならず、事故に遭った場合は必ず行くようにしましょう。

軽い事故だとしてもお身体への衝撃は必ず加わっている為、きちんと診断していただくことが重要です。

 

放置しない

靱帯損傷が重度の場合、歩行時に激しい痛みや違和感があるため放置することはあまりないかと思いますが、全く歩行ができないというわけではないので、中にはそのまま日常生活を送られている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、適切な処置を行わないまま放置してしまうと最悪の場合という事態になってしまうかもしれません。

手術を行わないといけない 

ということになってしまうかもしれません。

早めに施術を受ければ緩和していきますので、放置せず適切な処置をするようにしましょう。

 

安静にしておく

施術を受けたからといって、状態はすぐに良くなるわけではありません。

痛みが緩和してからも激しい運動などは控え、安静にしておくようにしましょう。

自宅にサポーター等あればぜひご利用ください。

当整骨院での施術法

当整骨院では、膝周りの筋肉を緩めるための

手技による施術、電気療法、温罨法

を行っております。

これらは整形外科や病院と同じように自賠責保険が適応されるため

原則窓口負担はございません!

※例外あり

初めは事故でのお身体の負担が大きいため、

できるかぎり詰めて通っていただき

状態が落ち着いたら週2〜3回程に減らして通っていただくのがベストです。

その間にも整形外科や病院に必ず行き、詳しく診察してもらいましょう。

お困りの方はぜひご相談ください!